今からでも間に合う!夏の引きこもりスポット2013! | Musashi Web Magazine

今からでも間に合う!夏の引きこもりスポット2013!

DATE:2013年8月25日 CATEGORY: AUTHOR:musashi_webmag TAG:

 

どうもみなさん、今年の夏はいかがお過ごしでしょうか。

 

自分の周りでは夏の期間を利用して実家に帰省する人や運転免許の取得のため合宿に行く人、
インターンやアルバイトに時間を割く人、
はたまた思い切って海外旅行に行ったり各地の音楽フェスに出向いたりする人など長期休暇の過ごし方は様々です。


気が付けば8月も半分が過ぎてしまいましたがそれでもまだ夏は終わっていませんよ!

今年は太陽さんの頑張りによる猛暑に加え、度重なるゲリラ豪雨による花火大会の中止が頻発しており、せっかく計画を立てて外出をしても快適に過ごすことが難しい気候が続いています。


ということで今回はせっかく外出をしても屋内施設で遊んでしまうことが多い「外出系インドア男子」の及川がお送りする、夏の後半を楽しみぬくための屋内(引きこもり)スポットを紹介していきます。

 

屋内スポットの魅力は気軽に立ち寄れることと、時間を余りかけずとも密度の濃いエンターテイメントが詰まっている所です。これなら多忙な大学生にもオススメですね!

 

 

 

それではまず初めに紹介するのは今年3月15日に東京、お台場にオープンした「マダム・タッソー東京」です。

この画像に写っている2体の人形のように、この施設には世界各国、日本国内のあらゆる著名人の精巧な蝋人形が展示されています。ここに行けばあこがれの人物たちと一緒に記念撮影をすることが出来ますよ。まさにリアル「蝋人形の館」ですね。本家「マダム・タッソー」はイギリスのロンドンにできたものが最初でありその後世界各地へと数を増やしていきました。国ごとに展示される人物も異なり各国で全く新しい体験が出来るのも人気の一つです。数々の行楽施設があるお台場へ足を運ぶ際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

ホームページ→マダム・タッソー東京

 

 

 

 

 

さて次に紹介するのは、もうみなさんご存知かとは思いますが

現在六本木ヒルズにて開催中の「ハリーポッター展」。

今更取り上げることないんじゃないの?なんて思うかもしれませんが、まだ行ってない方急いでください!

こちらの特別展9月16日(月・祝)で終わってしまいます!少し空いてから行けばいいやなんて思っていると、気が付いた時には時既に遅しなんてことも・・・。

現在は開催当初から観覧者の数も落ち着き当日券も購入できるようです。画面の中に広がっていた魔法の世界を体験できるまたと無い機会を見逃すわけにはいきませんね!

 

ホームページ→ハリー・ポッター展

 

 

 

 

 

続いてご紹介するのは食べ物に関するスポットです。

今度は都心をぐっと離れて東京都の南大沢にある「東京ミートレア」をご紹介します。

ここでは牛・豚・鶏を堪能できる名店が一挙に集結したフードテーマパークとなっています。

もちろんこちらも完全屋内なので天候に左右されてしまうことはありません。

バーベキューをしながら雨に降られたりしたらたまりませんよね・・・。

グリルや鉄板料理も充実しているここミートレアですが、今ならなんと約100種類のドリンクが1000円で飲み放題となっています(ソフトドリンクも500円で飲み放題!)。

さらに驚くべきことに時間が無制限となっているので、美味しい肉料理をお供に素敵な晩餐を堪能することができます。

アウトドアで食べるご飯も良いですが屋内で悠々と食べまくるなんていうも最高ですね!

 

ホームページ→東京ミートレア

 

 

 

そして最後にもうひとつ、お台場で気になるスポットをご紹介!その名も「東京カルチャーカルチャー」。

通称「カルカル」などとも呼ばれています。

さてさてこの「カルカル」ですが一体何をすることが出来る場所なのでしょうか?

 

あるときはキノコ好きが集まり、あるときは仏像好きが集まる。

そしてあるときはトイレ好きが集まるという何とも奇妙な場所となっています。

ここ「カルカル」は様々なそして時にはマニアックな企画を行うイベントスペースです。

イベント内容は多種多様で、リアル脱出ゲームから深海魚オンリーイベント、はたまた大の大人が本気で鬼ごっこをするイベントなど多義に渡ります。

なんと今回、及川がこの「カルカル」に潜入してきました!

せっかくなのでその一部を皆さんにちょろりとご紹介します。

このたび及川が参加した催し物はと言いますとこちら!

少し見えづらいですが「駄目な文房具ナイト5」です!

座った座席の関係上見にくい画像で申し訳ありませんがご勘弁を・・・。

何だか出オチな感じもしますがこのイベントを簡単に説明すると、出演者として登壇する文具のスペシャリストチーム通称「ブング・ジャム」のメンバーによって、数々の駄目な文房具を紹介していくというものです。

 

※画像はブング・ジャムのみなさん。

タイトルを見てすぐに気が付いた方も多いと思いますが、こちらのイベントは今回でなんと第5回目。

とても人気のあるイベントのようです。イベントでは様々な文具が紹介されましたが、ここではその中の一部をご紹介。

 

まずはこれ。

このイベントではお馴染みの通称「バービーペン」なる物の中国版だそうです。

「バービーペン」とは名前の通りバービー人形の足先にボールペンが付いていて、ペンとして使えるという物らしいのですが、中国で発見したというこちらのペンは、もはや頭部とその下に良く分からない赤毛を取り付けただけの気味の悪い物体になっています。完全にホラーです・・・。

 

 

 

次の文具はもう少し実用的?

 

「地上最強のクリップボード」と銘打って紹介されたこの何だかテカテカした厚板は、金属繊維で編み込みんだ土台を樹脂で固めた防弾仕様のクリップボードだそうです。

重さは1.5kg程あるため文具というよりかは鈍器?

肝心の防弾性能はと言いますと357マグナムの銃弾までなら貫通せず身を守ってくれるそうです。

 

 

実際に撃ってみた検証動画
http://youtu.be/3gYV2mszIF4

 

 

分かりにくいという方に説明すると、このクリップボードを持っていればシティハンターの冴羽りょうのコルト・パイソンに撃たれても平気であるが、ダーティー・ハリーの44マグナムだとちょっと勝てないという具合です。え、世代じゃない?そんなこと言われても・・・。

個人的にとても面白いと思った文房具はこちらの「暇つぶしノート」。

英語の kill time は日本語で「暇つぶし」ですよね。
こちらのノート、どんな中身をしているかというとこんな感じです。

これ何だかわかりますか?
一番初めにお手本が書いてあって、後はそれを参考にして自分で書いていくというものです。
ちなみにこれは車の排気ガスを書こうのページ。
続いてサボテンの針を書こうのページ。

13を18にしようのページ。

などなど豊富な種類の暇つぶしが出来るノートとなっています。

他にも沢山の使用用途がおかしい駄目文房具たちが色々と紹介されましたが、本日及川から紹介するのはここまで。
中々マニアックな内容ではありましたが、初心者でも楽しく参加できるイベントでした。

こちらでは飲食を楽しみながらイベントを進行するのですが、メニュー表もかなりユニークでした。

おにぎり二合半って・・・。

きっとあなたにもピッタリなイベントが開催しているはず!
是非友達を無理やり連れて、愉快な時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?
ホームページにて開催予定のイベントが掲載されているので、気になる方は是非チェックしてみてください。

 

ホームページ→→東京カルチャーカルチャー

 

 

ということで夏にオススメの屋内スポットを紹介しましたが、気になる場所はあったでしょうか?
暑いのが嫌だという方も、日焼けが心配という方も、行き先がインドアなら安心ですよね。
海!プール!バーベキュー!花火大会!ともちろん夏らしいことは沢山ありますが、たまには少し変わったことをしてみるのも楽しいと思います!

[編集部副編集長 及川大樹(人文学部3年)]

Posted by musashi_webmag

卒業した学生の執筆した記事を所有させるダミーユーザー